好きなことを仕事にしませんか?Employment information

テニスコーチになるまでの手順

こちらでテニスコーチなるには?
を説明していこうと思います。
「テニスコーチになる為にはどうしたらいいの?」とよく聞かれます。
「テニスコーチになることは難しい?」
「厳しい練習が必要?」
数多くの質問があると思います。

その数々に少しでも答えられればと思っています。

テニスコーチになるには

実はテニスコーチはやる気しだいで誰にでも可能性があるんです。
技術的に自信が無くても上手になれます。

テニスコーチを志望されている方は、テニスコーチになる為には
「高い技術が必要なんじゃないか?」「自分が教えてあげられるのか?」
がどうしても頭にあると思います。

その為コーチの道をあきらめてしまう方が多く、大変もったいないのが現状です。
多少技術が伴っていなくても、やる気と実務研修での頑張り次第であなたも立派なコーチになれるのです。
またコーチの経験を通じて、接客応対・敬語などを学べてテニスの技術も向上、人生にプラスになる事は間違いありません。
技術的にも自分の得意なところを伸ばし、弱点を克服するにはうってつけです。

インターナショナルスポーツのテニスコーチのお仕事

テニスコーチになるにはテニスの技術が高いほど良いにこしたことはないですが、最初からそこまで技術は求めていません。
最初から全て上手な方はいません。
資格や戦績なども関係ありません。

実はテニスコーチになってからの方が「技術的に上達した」というスタッフのほうが多いくらいなんです。
なぜなら、毎日と言うほどテニスラケットを握り、ボールを打っている訳ですから、
テニスに接する時間が増えて自然と上達する事は当たり前なのです。

さらに、理屈・理論が判るようになれば、技術もグングン上達していきます。
又、他のコーチに技術指導してもらったり、練習したりすることもあります。
先輩コーチも同様に教えてもらって上達してきたので引け目を感じる事はありません。

体操や球出し・テニス指導方法やレッスン研修などの研修システムや今まで培ったノウハウの詰まった基本指導マニュアルがありますので、コーチ経験のない方でも心配無用です。
現在のスタッフは、体育会系でビシバシやってきたものもいれば、ごく普通のテニス好きな学生やフリーター達もいます。
そんな彼らがみんな同じ様にテニススクールのコーチに携わっています。
いきいきとして職場内は明るく、楽しい環境で大好きなテニスに携わることができます。
お客様(生徒様)は小さなお子様から人生の大先輩まで色々な方がいらっしゃり、アットホームで和気藹々とした雰囲気です。

皆さんも安心してぜひチャレンジしてみてください。

コーチになるまでの大まかな流れ

1. テニススクールへ求人応募する。
テニススクールに問合せる。

2. 履歴書を郵送する。
面接の日時を決める。

3. 面接と実技テスト

4. 採用の合否

5. 研修
新人テスト

6. レッスンデビュー

コーチになるまでの流れ

1. まず、ホームページの求人応募フォームに問い合わせをして頂くか、お電話で「テニスの募集を見て電話しました。」と尋ねてください。
コーチは随時募集をしていますので、勤務しやすい場所にあるテニススクールへ電話をかけて、応募をして下さい。

2. 事前に履歴書を郵送

3. 面接
その後、担当者から連絡が入りますので面接日時を決定します。
指定された日時に、面接を行いますが遅刻は厳禁です。
最低、10分前には訪問するほうがよいでしょう。
簡単な面接の後、実技テストを行います。

※このときに、当然のことですが、テニスの出来る準備を忘れないようにしてください。
コーチ希望者が、ラケットやシューズを忘れたりしますとあまり印象はよくないと思われます。たまにレンタルを希望される方もおりますが、事前に準備して、練習を行わないと実技にはなかなか受かりません。

4. 面接後、1週間程度で採用の合否を連絡致します。

5. 採用後、研修日程を立てていきます。

6. 約1ヶ月〜2ヶ月の研修を行い、しっかりコーチの基本や心得を習得します。

7. 研修終了後、新人テストに合格しますとレッスンデビューすることができます。

テニスコーチに求められること

テニススクールでは、コーチにどのようなことを求めているかいくつか説明しておきます。

テニススクールで指導しているテニスは、非常にオーソドックスなものです。
ですから、テニスの試合で強い人よりもテニスの上手な人を採用します。強くて上手な人なら申し分ありませんが、いくら強い人でも「厚いグリップでしか打てない人」や、「非常に個性的なフォームの人」は敬遠してしまいます。
また、技術があっても、声の小さい人や元気のない人は採用してもらえません。
レッスンで元気よく大きな声を出してもらわなければ、テニススクールに通う生徒さんにも良い印象を与えられません。
面接のときも、実技のときも、なるべく元気良く大きな声を出して、さわやかさをアピールするようにしましょう。
そうすれば、多少技術が伴わなくても十分挽回できます。

テニスの経験がない方にはフロントスタッフなどの職種もあります!

テニス経験のない方でも、テニスが好きならフロントスタッフとして入社していただくことも可能です。
実際、テニス経験のないスタッフが在勤している事も多くあります。
しかし、スポーツが好きで、大学のサークルなどに入っていたり、テニス経験者であったり、テニスにも興味関心がある方は尚良いです。

社員では
コーチ だけではなく
フロントマネージャー
・経理・総務
・用品販売(プロショップ・外部販売)
・企画宣伝・ホームページ担当
などの職種でも求人募集してます。

詳しくは募集要項を良くご覧下さい。

ページトップへ